2013.08.29 Thursday 13:57

still / yet

stillとyetの違いでよくつまずいていたので、ここでちゃんとしておこうと思います。テキストを読み返すと、こう書いてありました。

still(副詞)= something is the same as before.
そして、先生からは肯定文のときに使うと教えられました。

・I had a lot to eat but I'm still hungry.
・" Did you sell your car? " "No, I still have it."
・" Do you still live in Vancouver? " "No, I live in Montreal now. "

yet (副詞)= until now
We use yet in negative sentence and in question.
Yet is usually at the end of a sentence.

・" Where's Diane? " " She isn't here yet. "
・" What are you doing tonight? " "I don't know yet. "
・"Are you ready to go yet? "  " Not yet. In a minute."
・" Have you decide what to do yet? " " No, I'm still thinking about it."

例文を書き写してみると、この単語の使われ方に慣れてきたみたい・・・会話で連発してみて体にしみ込ませたいと思います。

  • - | - | - |

2013.07.16 Tuesday 15:58

I'm talking to you.

比較級での「be動詞+形容詞」と「動詞+副詞」の関係。

私は始め、「男性のお医者さんよりも女性のお医者さんの方が話しやすい」(私も女性なので同性の方が良いということです)と言いたかったのですが、動詞を使った後に形容詞を比較級にしてしまいました。

I can talk easier female doctor than ...あれ??
と、なって詰まってしまい、
ここで「待った」がすかさず先生から入りました。

まず、talkが入った時点で次に形容詞「easier」は入らない。
入るなら副詞なので「easily」です。

I can talk easily to female doctor.

そして、「male doctor」と比較したいので

I can talk more easily to female doctor than male doctor.

となります。また、「to」を「with」に変更すると
私は女性のお医者さんの方が男性のお医者さんより話し合える
となり、より深い話し合いをしているイメージになる。
「to」の場合は一方的に話す感じ。

しかし、以上のこの文章の基本形はあくまでも
I'm talking to you.
であり、そこに色々複雑なニュアンスをつけるということを忘れないでいたい。基本ができてないと、上記の事が理解できない事を覚えておきたいです。

また余談ですが、woman とfemaleの違いも分かっていなかった・・・
womanは名詞、femaleは形容詞。
話すときに、どっちを使って良いかわからず
「女性の〜」と言いたいときに、womanを使おうとしてしまい、たまにダメ出しもらってましたが、理由が分からないまま、今まできてしまいました。
なるほど、分かってみたら、そりゃそうですね。
  • - | - | - |

2013.04.15 Monday 17:22

It take 人 to do that~

 人が何かをするときに、どれくらい時間がかかるのか。それを説明するのに必要な言い回しがエッセーでありました。

It took us 10 minutes -- all in French -- to convince them that we were two innocent Canadians just trying to get some exercise.

というのも・・・
The writer and his friend were jogging around Eiffel Tower in 1970s when they were almost arrested. Because, in 1970s, the jogging boom in Canada was in full swing. However, this new fad hadn't reached Europe yet. Then they had to explain to the police why they run. the police thought they were thief.

というわけで、彼らは10分かけて「ただエクササイズしていただけなんだよ・・・」とフランスの警官達に納得してもらわなければならなかったわけです。

これは初級の構文ですよ・・・分からないのは、まずいですね〜というお言葉を先生から頂いた。そう、わからなかったのです。だから、覚え書き致します(照)まず辞書では

It+take+人+時間+to do
人がto doするのに〜かかった。

となっていました。これを

人+ take+時間+to do

という言い換えもできます。

また参考書には、疑問+答え、という形で載っていました。

How long did it take you to read the book?
It takes me three days to read it.

という感じ。これ、便利だな〜。会話で使ってモノにしたいと思います。






  • - | - | - |

2013.04.04 Thursday 17:17

look puzzled

「 look」の使い方がイマイチわからなかったので、復習します。

エッセーを読んでて

The police looked puzzled.

「(じっと)見る」の他に「〜のように見える」というのがあるが・・・この場合は明らかに「〜のように見える」なんだけど、混乱したのは「私が相手のことを〜のように見える」んだから、主語が私で、目的語が相手なんじゃなかろうか・・・と勘違いしていました。でもよく考えたら、会話で「You look tired」とか言うもんな・・・。なんとなく使ってたけれど、改めて考えるとややこしくなってしまった。こんな簡単なところでつまづくとは(汗)

「警官達は困惑しているようだった」

ということでオッケーなんだ。これは「look + adjective」で「〜のように見える」になる。とりあえずまる覚えです。


で、ちなみにこの他にもfeel / smell / taste / sound でも同じ用法が使える。
・"You looks tired." "Yes, I feel tired."
・Eric told me about his new job. It sounds very interesting.
・I'm not going to eat this fish. It doesn't smell good.

  • - | - | - |

2013.04.04 Thursday 11:42

would 01

エッセーを読んでてこんな表現がありました。
Each evening, after a long day of study, we'd put on our running shoes, walk to the park, then jog around the Eiffel Tower. It was a great way to finish the day.

先生に「willとwouldは違いますよ」と言われ、「・・・」固まった。

色々用法があるようだが、今回は「used to」ほど習慣的ではないけれど、「よく〜したものだ」という意味のようだ。

例文を探してみた。
・He would often go fishing.
   彼は、よく釣りに行ったものだった。

ちなみに過去の習慣を表すwouldの場合はwouldの後ろに「often」が付くことが多いらしいです。

ということはエッセーを訳すと
「毎晩、長い勉強をした後は、ランニングシューズを履き、公園まで歩いて、そしてエッフェル塔の周りを走ったものだ。それはとても素敵な一日の締めくくりだった。」
こんな感じだろうか。

小説を読んでいると、この使われ方が頻繁に出てくるらしいのだが・・・もっと読まなきゃな。

また、wouldには「イメージはしていたけれど、実際は違う」という用法もあるが、また次回触れてみることにします。それとこれとの見分け方は、過去の出来事なのか、現在の事なのか、文章を読み込めばスッと理解できるようになる・・・はず(汗)


  • - | - | - |

2013.04.03 Wednesday 10:40

see somebody do and see somebody doing

すっかり忘れてました・・・「see somebody do」と「see somebody doing」の違い。今日エッセーと熟読していてこのような文章があったのです。

 we saw two French policemen rushing toward us, gesturing for us to stop. 

 もし、これが 

 we saw two French policemen rush toward us, gesture for us to stop. 

 だと、意味が違ってくる。

「see somebody do」の場合。I saw the complete action from beginning and end. 

「see somebody doing」の場合。I saw two policemen when they were in the middle of doing it. This does not mean that I saw the complete action. 

その他、hear / feel / notice / listen / smell / find などの「感覚動詞」も同じように使える。

「私たちは見た、二人の警官がこちらに駆け寄りながらストップという身振りをするのを」

「私たちは見た(その一部始終を)、二人の警官がこちらに駆け寄りながらストップという身振りをするのを」 

 日本語だとちょっと注釈が必要な表現も、英語だとその状況説明が簡単に表現できる、合理的だなと思いました。
  • - | - | - |

2013.03.26 Tuesday 15:33

I want somebody to do something

「私は誰かに何かをして欲しい」=「I want+somebody+to do something 」

私はwant to ( or wanna )をよく使うので、困ったことについつい会話で「I want to ...」と言った後で、「あれ?」と思ってつっかえてしまうことがあります。本当は「私は誰かに何かをして欲しい」と言いたかったはずなのに、「誰かに」をすっ飛ばしてなんのこっちゃという結末になることが多々あります。

I want+somebody+to do something
私はsomebodyにして欲しい/何かを

ここで参考書から例文を抜き取ってみます。

・I want you to be happy.
私はなって欲しい/あなたが幸せに

・They didn't want anybody to know their secret.
彼らはして欲しくない/だれにも/彼らの秘密を知って

・Do you want me to lend you some money?
あなたはして欲しいのですか/私にいくらか貸して

また、wantを「would like」に言い換えることができる。

・Would you like me to lend you some money?


また、同じ決まりを持った動詞は
ask(頼む)、 teach(教える)、tell(言う)、advise(助言する) expect(予期する、…するだろうと思う)、persuade(説得する)など。

・Sue asked a friend to lend her some money.
スーは頼んだ/友達に/貸してと/彼女のお金を

・I told you to be careful.
私は言ったあなたに/気をつけてと

・What do you advise me to do?
あなたは何とアドバイスしますか/わたしに

・I didn't expect them to be here.
私は予期しなかった/彼らがここに居ることを

・We persuaded Eric to come with us.
私は説得した/エリックに/私たちと来るように

・I am teaching my brother to swim.
私は教えている/私の弟に/泳ぎ方を


簡単に思えるけれど、こういう言い回しを使いこなせれば、かなり会話がスムーズにできるようになると思いました。例えば、

Recently, I had to wear a Japanese KIMONO at the wedding ceremony. Then I asked my mother to help me wear the KIMONO.

こんな感じ??
  • - | - | - |

2013.03.25 Monday 12:21

even and can be

Today, I started to read new essay in the lesson.
Before the lesson, I usually prepare for a reading. First, I try to hear it and check my understanding. Then I hear it again. Anyway, I studied

... even small cultural differences can lead to problems.
小さな文化の違いでさえ、導くことがある(可能性)問題を。

ここでわたしが覚えておきたいことはevenとcan。

・even:副詞
(例外的な事柄を強調して)…(で)さえ、すら
(比較級を強めて)さらに、なおさら、いっそう

evenは「small cultural differences 」にかかっているので「小さな文化の違いでさえ」と訳す。
また別のエッセイにこんな文章があった。

Qatar even has a woman-only movie theater!
カタールは女性だけの映画館すらある!

このevenは「 a woman-only movie theater 」にかかっているので「女性だけの映画館すら」と訳す。
しかし最初、evenがどちらにかかる、なんて考えもせず「カタールですら」と訳してしまって、ペケをもらった。

もしこれがカタールにかかっていたら・・・

Even Qatar has a woman-only movie theater !
カタールですらある/女性だけの映画館を!

となる。勉強になります!


また、canについて。「できる」の他に、「可能性」を意味する場合もあるが、つい忘れてしまう言い回しなので、覚えておかなくては!

(可能性が)100%=be going to, 90~100%=will, 50%以下=may/might/ can be (do)
特にcanの場合は「そういうことだってできる」「こんなこともありうるかもよ」という可能性のある場合に用いると良いらしいです。

This gender segregation can be quite strict.
この男女の分離はとても厳格すぎるかもしれない。

こんなニュアンスで使われる。色々読むうちにパッと分かるようになる、のかな・・・
  • - | - | - |

2013.03.24 Sunday 15:49

"in front" or "in the front"

位置関係を説明するのは難しい。でも、何かを説明するとき必要になってくるので、なんとか覚えたい。例えばin front と in the front。

I made a mistake when I translated a essay from English to Japanese.
...from the row in front.
(自分を基準とした)前列から

これが正解。でも、私は「最前列から」と訳してしまった。
最前列なら「in the front of +建物や乗り物等」。でもこの場合theはなかった。あくまでも筆者を基準にしている。という説明を先生からしてもらった。けれどなんとな〜くしか理解できてなかった。「もっと例文を見ないと本当の意味で理解できない」といつも口を酸っぱくして言われているのを思い出し、早速参考書を見てみました。そうしたら、across from(向こう側正面)と in front of を使って位置関係を説明した文章があったのでここに出してみます。

Bob, Anne and Tom が特急電車に乗っています。

explanation01

1. Anne is sitting in front of Bob.
アンは座っている/ボブの前方に。

2. Anne is sitting across from Tom.
アンは座っている/トムの向かいに。

3. Tom is sitting across from Anne.
トムは座っている/アンの向かいに。

アンとトムは向かい合わせの席に座っていて、アンはボブより前の席に位置していますので、トムが3人の中では最前列に座っています。


では in the front はどのように使うのか。参考書によると
We say in the front / in the back of a car / building / theater /group of people, etc.
なるほど、確かに先生もそう言ってたな。では例文は・・・

I was sitting in the back (of the car ) when we crashed.
私は座っていた/車の後方座席に/わたしたちが衝突したとき

Let's sit in the front (of the movie theater ).
最前列に座りましょう(映画館の)

John was standing in the back of the crowd.
ジョンは立っていた/人ごみの一番後ろに


そうか、こうやって比較すると全然違うな〜。やっぱり例文をいくつか読んで、シチュエーションを読み取りながら理解していくことが大事なんだな、改めて思いました。
  • - | - | - |

2013.03.22 Friday 14:22

It is nice to see you

いつも読む英語のエッセイにこういうくだりがあった。

The summer heat was unbearable so it was a relief to come into the cool lobby of the theater.
夏の暑さは耐え難い、だからホッとした(to以下であることが)映画館の涼しいロビーは。

The essayist wrote about Indian movie theater. Naturally, India is very hot, then he said it.

このポイントはまず「It+be動詞+名詞or形容詞+to+動詞+O」で言いたいことを伝え、to以下でその理由を述べる。
まずは言いたいことを言う、という英語のルールがなかなか日本人の私にとっては難しい。でも言いたいこと、感情をまずは伝える、合理的かつ、はっきりしていて学習するには日本語よりも覚えやすいのかもしれない。

It is nice to see you.

「あなたに会えて楽しい」といった訳ではなく、「楽しいな、あなたに会えて」という感じだろうか。


  • - | - | - |

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.